ウェディングプランナーブログ

BLOG

お手元も華やかに!

      2017/02/27

こんにちは

近頃は気温差が安定していない日々が続いておりますが、

皆様体調は元気でお過ごしでしょうか?

 

本日ご紹介したいのは

ご新婦様のお手元のブーケについてです

ブーケと言えばご新婦様がお持ちのブーケを思い浮かべるのではないでしょうか?

ブーケというのは実はフランス語で「花束」を意味するものなのです

ヨーロッパでは昔花嫁はブーケを持つ代わりに花冠を頭につけていたとか・・・

現在ではお色直しや二次会でのヘアアクセサリーとしてつけられるご新婦様もいらっしゃいますよね

それからまたしばらく経ち、20世紀に入ってからの一時期、

婚約した男性から婚約した女性に毎日花を贈るという習慣ができたそうです。

それがいつしか形を変えて、結婚式の朝、花婿から花嫁に花束が贈られるようになり
これが現在のウエディングブーケの始まりとされています。

ちなみに、この儀式は、ブーケストーリーと呼ばれ、もちろん当方でもご提案させていただいております

男性が女性にプロポーズする際、自らの手で野の花を摘み、それを束ねて愛する女性に結婚を申し込んだそうです。

挙式会場ではゲストの皆様に一輪ずつお花を頂いてブーケを作っていただきます。


「Yes」であれば、女性はその花束の中から一輪抜き取り男性の胸ポケットにそっと差し込む、

これがご新郎様のむなポケットに入れるブートニアの由来になっています。

このように語り継がれてきたウエディングブーケは、ご新婦様の象徴というだけでなく、

“ご新郎様からのプロポーズの証” でもあるわけです。

意外とご存知でないブーケの由来いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 - アクセサリー・小物, その他